The Land in Between | Ursula Schulz-Dornburg
a7198

The Land in Between | Ursula Schulz-Dornburg

The Land in Between | ウルスラ・シュルツ=ドルンブルク

悠久の昔から東西の文明が行き来し栄枯盛衰の舞台となった中央アジア/西アジア(アルメニア/ジョージア、イラン/イラク/サウジアラビア/イエメン)の地に赴いたドイツ人写真家Ursula Schulz-Dornburgが、そうした地理歴史的にかつて重要であったという時間の事象を排し、変化もしくは推移といった空間の事象に焦点を向けて記録した風景写真集。果てなき荒野を写しながら人間の営為そのものを捉えている感。2018年ドイツ・シュテーデル美術館(Das Städel)における展示に際し刊行。
2018年パリ・フォト・フォトブックアワード・カタログ部門ノミネート。2018年ニューヨーク・タイムズ誌ベストフォトブック賞。
ソフトカバー。シュリンク未開封。

Mack, 2018

英語 | 28x21cm | 177plates | 254pp | b&w

¥ 27,500 (税込)


You cannot copy content of this page