LOS MENONOS | Jordi Ruiz Cirera
a0462

LOS MENONOS | Jordi Ruiz Cirera

ジョルディ・ルイス・シレラ

南米ボリビアの第2の都市サンタクルズにあるキリスト教メノー派住民のコミュニティー、通称メノナイトコロニーをドキュメントした写真集。数百年前には主に西プロイセンに住んでいたドイツとオランダ系の人々を出自とし、その後ロシアやカナダなど様々な地を経てボリビアに流れ着いた長い放浪の歴史を持つ人々とされ、南米にも関わらず肌の色は白い。アメリカのアーミッシュと同様に、19世紀の生活を理想とし、未だに電気や自動車といった文明の利器を使わない生活を営んでいることで知られる。ジョルディ・ルイス・シレラ(1984-)はスペイン・バルセロナ出身。ヨーロッパだけでなく、中東、北アフリカなどの第三世界の人々に目を向けてきた写真家で、本書がファーストブックとなる。ノルウェーの出版社EDITIONS DU LICから刊行。ハードカバー。シュリンク未開封。新刊定価6,500円。


EDITIONS DU LIC, 2014

限定750部 | 21x29cm | 写真図版数57点 | 104pp. | カラー