写真論/絵画論 ゲルハルト・リヒター 増補版
b4243

写真論/絵画論 ゲルハルト・リヒター 増補版

Gerhard Richter Texte

Gerhard Richterによる芸術論。Hans Ulrich Obristをはじめ評論家やジャーナリストによるインタビューと、処刑されたテロリストを描き話題となった、連作『1977年10月18日』をめぐる対談、さらにリヒターが1962年から92年までに書いた、ノートや日記をまとめたもので構成されている。清水穣による翻訳。ハードカバー。帯付き。状態良好。


淡交社, 2011

3版 | 22x16cm | 279pp.

  
  •   Share on Tumblr