大辻清司の仕事 1946-1999 | 大日方欣一編
a2974

大辻清司の仕事 1946-1999 | 大日方欣一編

モール写真図書館叢書 第3巻

大辻清司の手がけた仕事について、大日方欣一が書誌と採録のかたちでまとめた書。書誌については、大辻清司がおこなった1946年以降の各媒体への発表を、参加した展覧会・イベントに関する情報と併せ時系列で記載。そして採録については、1975年に大辻がアサヒカメラ誌に連載した「大辻清司実験室」を初出時のレイアウトのまま掲載。これは当時代々木上原にあった大辻邸の様子も窺い知ることもできる。大辻清司は1950年代「実験工房」「グラフィック集団」に参加した写真家。後進への教育に秀でており、教え子に、島尾伸三、牛腸茂雄、畠山直哉、潮田登久子、児玉房子、そして高梨豊ら、錚々たる面々が連なる。ソフトカバー。背表紙上辺に軽微な角打ち。


モール写真パラダイム・パラダイス研究所, 2000

30x21cm

  
  •   Share on Tumblr