Johan Van Der Keuken: Mise Au Jour
a3409

Johan Van Der Keuken: Mise Au Jour

ヨハン・ヴァン・デル・クーケン Mise Au Jour

弱冠17歳の時に撮影したというファーストブック「Wij Zijn 17」が二度にわたって復刻されたり、1956年刊行のセカンドブック「Achter Glas」なども高値で推移するなど、地味な人気(どういうわけか特に日本で)を誇るオランダの写真家Johan Van Der Keuken(1938-2001)の写真集。これは、Keuken没後に彼のアーカイブを管理するWillem van Zoetendaalによる編集デザインのもと、Keukenが50年代から80年代にかけて欧米各国を巡り、LEICA M3で撮影したストリートスナップをまとめたもの。「Mise Au Jour」の意味は「光をあてる」とのこと。Willem van ZoetendaalはKeukenのアーカイブから埋もれた作品を今後も刊行していくものと思われる。限定750部。ソフトカバー。状態良好。


Van Zoetendaal Publishers, 2015

33x21cm | 112pp. | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr