マイクロポップの時代: 夏への扉 松井みどり
a3743

マイクロポップの時代: 夏への扉 松井みどり

¥ 2,500(税込)

マイクロポップとは「制度的な倫理や主要なイデオロギーに頼らず、様々なところから集めた断片を統合して、独自の生き方の道筋や美学をつくり出す姿勢」(松井みどり)。「アート:”芸術”が終わった後の”アート”(カルチャー・スタディーズ)」でも知られる美術評論家の松井みどりが後期ポストモダン時代の芸術とその傾向/動向を紹介する。水戸芸術館でおこなわれた同名の展示に際し刊行。ソフトカバー。状態良好。


      
  •   Share on Tumblr