Russell Lee's FSA Photographs of Chamisal and Peñasco, New Mexico
a4301

Russell Lee's FSA Photographs of Chamisal and Peñasco, New Mexico

Edited by William Wroth

Walker Evansらと共にFSAに関わった写真家のひとり、Russell Lee(1903-1986)が、1940年に撮影したアメリカ・ニューメキシコ州の村ChamisalとPeñascoの記録写真。FSAとは世界恐慌勃発により貧困に苦しむアメリカ農村部の現状を記録するためにおこなわれた政府主導のプロジェクト(1935-1944)。だがこれはプロパガンダ写真とは若干毛色が異なり、当時のアメリカ国内で認知度の低かったこの地域の様子を紹介する思惑もあったらしい。当地に住むヒスパニック系アメリカ人の生活ぶりを隈無く記録している。だからかもしれないが、他のFSA関連の写真と比較して、Russell Leeが撮影した住民たちの表情には笑顔が多い。
ハードカバー。状態良好。

Ancient City Press, 1985

初版 | 英語 | 21x26cm | 86plates | 139pp. | b&w

¥ 6,600 (税込)


You cannot copy content of this page