淫春 荒木経惟
a4938 a4938

淫春 荒木経惟

Inshyun | Nobuyoshi Araki

¥ 1,500(税込)

淫夏、淫冬、淫秋に続く荒木経惟のシリーズ完結編。カラーフィルムで撮影された作品が、色鮮やかにファインダーの中の楽園を描き出し、闊達自在な言葉の書が躍る、華やかな作品群のカタログ。「土日写真」と称して荒木氏の手指でアレンジされ撮影された朽ちゆく切り花と、ときにあどけなく(すとんとたたずみ)、ときにしどけなく(紅絵の具を鮮血のようにしたたらせて)花々と絡む、様々な出自の人形やフィギュアたちのつくりだす「花遊園」。瑞夢と悪夢の交錯する魅惑のフィールドは、作家の書欲をくすぐり、ユーモラスで奇々怪々な言葉の数々が、独特の文字に託されて、美事に写真と融和する。(以上版元より引用)。ブックレット。新刊。


Art Space AM / Eyesencia, 2017

21x25cm

  •   Share on Tumblr