アッとびだした女たち 若林のぶゆき
a0340

アッとびだした女たち 若林のぶゆき

Oh! Girls Jumping Out. | Nobuyuki Wakabayashi

1962年に個展「月蝕」でデビューした、若林のぶゆき(1939-)が、70年代初期頃に相次いで刊行した写真集のなかの第2作。東京郊外や都心の屋外のロケーションを舞台に、露出狂まがいに扮した女性モデルを置き、多重露光やコラージュを駆使しつつ、ハプニング的な要素を持ったユニークな写真集に仕上げている。他に処女作「アダムとイブ」をはじめ、「黒い太陽」、「月蝕(写真集)」、「しもついの子供たち」などが代表作として知られる。ソフトカバー。表紙ややヨレ。


フォトジャパン, 1971

  •   Share on Tumblr