男と女の間には写真機がある 荒木経惟
b2044

男と女の間には写真機がある 荒木経惟

The Camera Between Men and Women | Nobuyoshi Araki

¥ 1,500 + 税

表紙を開くとすぐ、白いスーツにビシッと決めた篠山紀信の半身ポートレートがいきなり登場。次のページには、怠惰な表情をした鈴木いずみの写真。次いで、地べたにドカリと座る王貞治と続く。何が何だか分からない荒木経惟らしい構成だが、巻頭の写真論「母の死」は非常に評価が高い。こうしたテキスト類はワークショップ写真学校などを初出とするもの。ソフトカバー。帯欠。表紙カバー黄ばみ/エッジに微小な破れヨレ。巻末に小さな値札剥がし跡。


白夜書房, 1979

初版4刷 | 15X21cm | 275pp.

 
  •   Share on Tumblr