最果 鈴木育郎
a0364 a0364 a0364 a0364

最果 鈴木育郎

Ikuro Suzuki

「鳶・CONSTREQUIEM」で若手写真家の登竜門として知られる写真新世紀2013グランプリを受賞した鈴木育郎(すずき・いくろう 1985-)。鈴木が数年前から自らの作品の最終形態として、1部のみハンドメイドで制作している写真集のひとつ。これは自宅から風俗街吉原までの行程を道すがらスナップしたもの。タイトルの読みは漢字で「さいはて」と書いて「さいか」。巻末に鈴木育郎自らによる自筆「最果の秘事 狂おしく 水下に沈する」。全編ニコンF2/50mmレンズによるカラーフィルム撮影。月丘舎とは鈴木育郎自らの出版レーベル。限定1部。


月丘舎, 2012

限定1部 | 19x29cm | 写真図版76点 | 89pp. | カラー

    
  •   Share on Tumblr