●○ 春木麻衣子
b0127 b0127

●○ 春木麻衣子

Maiko Haruki

2005年タロウナスギャラリーでの春木麻衣子の個展に合わせて刊行。「読めなくてもいい*下記参照」というタイトルだが、関係者の間では便宜的に「春木麻衣子のクロマル・シロマル」といった具合に呼称されているらしい。限定800部。ハードカバー。表紙に擦れ傷少々。

【版元より】作品集のタイトルは読めなくてもいい。言葉にできなかったから、これからの予感を凍らせたくなかったから、だから「●○」。漆黒の表紙を開くと溢れ出す光の世界。ビルの谷間からもれる光、黄昏の切ない光、記憶のなかで揺れる光、影という名前の光。春木麻衣子が印画紙に焼きつけるのは決して言葉に変換できないもの。タイトルやキャッチコピーが似合うような集大成的なものには若すぎる、早すぎる。繊細で強靭な感性のデビュー作品集。


大和ラヂヱーター製作所他, 2005

限定800部 | 22x27cm | 107pp. | カラー

   
  •   Share on Tumblr