POTSDAMER PLATZ 光 呼吸シリーズより 佐藤時啓
a5040

POTSDAMER PLATZ 光 呼吸シリーズより 佐藤時啓

POTSDAMER PLATZ from a series of "Photo-Respiration" | Tokihiro Sato

Price Upon Request

佐藤時啓がフランス滞在から帰国後、東京銀座にかつてあったルナミ画廊で1995年5月に発表したトリプテイク(三連作)のひとつで、ベルリンの壁崩壊から数年を経て更地となった国会議事堂(ライヒスターク)周辺の風景を撮影した作品。NDフィルター装着のレンズで開放撮影中の風景内を、佐藤が鏡や光源を持って歩き廻り制作した「光-呼吸」シリーズの比較的初期作にあたるもの。風景は無人だが、佐藤が「私が写そうとしているのは、実は人間そのものなのである。」と語っているとおり、この歴史的遺物の痕跡の中に散見される光は、壁崩壊に興奮し集ったベルリン市民の影でもあり、東から西へ脱走しようとして命を落とした多くの人々の魂の光のよう。

写真プリントはマウント加工したうえで四隅に鳩目穴を設けて、そこから金属バネで引っ張る加工が施してある。外装フレームは透明アクリルパネルで密封処理され、このフレーミングをスペシャルなものとしている。エディション10のうち本プリントはAPだが、このようなフレーム加工を施したのは本プリントのみとのこと。

プリントタイプ Gelatin Silver
プリントサイズ h960mm x w1200mm
エディションサイズ 10(AP)
制作年 1994
プリント右下隅に佐藤時啓の直筆サインと”AP”の記述
ルナミ画廊販売時のプリント情報記述コピーが付属

大変恐れながら、こちらの商品は通常送付は困難なため、店頭販売でのお持ち帰り、もしくは別途送付を手配するかたちとなります。


佐藤時啓, 1994

96x120cm

  •   Share on Tumblr