Terrils 畠山直哉
b2248

Terrils 畠山直哉

Terrils | Naoya Hatakeyama

かつて鉱山で賑わったフランスのノール・パ・ドゥ・カレー地方。日本ではボタ山と言うが、広い平野地帯にポツンとそびえたつ石炭のクズでできた人口の山「Terrils」を、写真家畠山直哉が、何かの記念碑のように記録した作品。30年前は周囲に巨大な炭鉱施設が林立し、労働者の声が響くにぎやかな土地だったという。2009-2010年に畠山直哉が、フランスのレジデンスプログラムに参加した折に制作したもの。限定500部。ハードカバー。状態良好。


タカ・イシイギャラリー, 2011

初版500部 | 30x25cm | 写真図版数44点 | 96pp. | カラー

   
  •   Share on Tumblr