Carnet de Charbon | Gabriela Lupu
a2622

Carnet de Charbon | Gabriela Lupu

カルネ・ド・シャルボン | ガブリエラ・ルプー

共産主義体制下のルーマニア、チャウシェスク政権時代に隆盛をみたルーマニア南西部に位置する炭鉱Valea Jiuluiが舞台。ルーマニア出身でパリを拠点に活動するGabriela Lupuが撮影した、段階的な閉山を見据え廃墟と化してゆく光景は、かつて日本の何処かで見た風景。カラーの風合いが良い。ハードカバー。状態良好。


Filigranes Editions, 2013

仏語 | 24x17cm | 93pp.