What Was True: The Photographs and Notebooks of William Gedney
a3569 a3569

What Was True: The Photographs and Notebooks of William Gedney

edited by Margaret Sartor; coedited by Geoff Dyer

¥ 32,400(税込)

John Szarkowski、Lee Friedlander、Diane Arbusなど一部の写真家やキュレーターに知られる以外は無名の存在で、死後にようやく脚光を浴びたアメリカの写真家のひとり、William Gedney(1932-1989)の写真集。住んでいたブルックリンのアパートの窓から撮ったNew Yorkのストリートから、San Franciscoのヒッピー、Kentuckyの炭鉱労働者たち、そしてインドの街角の風景まで、主に1960年代から1970年代にかけ撮影されたスナップ。いずれもドライで抑制的なのだが被写体へのインティマシーに富んだスナップポートレート。死後Gedneyの写真アーカイブを整理したDuke大学のMargaret Sartorによる編集。Gedneyは写真と共に大量のノートも残しており、それらの記述も合わせて収録されている。友人関係であったLee Friedlanderの妻Mariaによる序文。ハードカバー。状態良好。

作品目次
New York: Into the street
Kentucky: Short distances and definite places
San Francisco: A drifting life
India: Bittersweet Land
Transcriptions and notes: Someone else’s blood


Lyndhurst Norton, 2000

初版 | 英語 | 26x25cm | 192pp. | モノクロ

       
  •   Share on Tumblr