PHOTO-BOY 1988-2011 Life, Photography, and Home | Akiyoshi Taniguchi 谷口昌良
a4717 a4717 a4717 a4717

PHOTO-BOY 1988-2011 Life, Photography, and Home | Akiyoshi Taniguchi 谷口昌良

写真少年 1988-2011 / 生活と写真、そしてHome 谷口昌良

¥ 6,000 + 税

東京蔵前で先祖代々の寺を引き継ぎ、住職として布教に従事するかたわら、写真に情熱を傾けてきた谷口昌良が、10年間にわたるアメリカ生活をまとめた前作「PHOTO-BOY 1979-1988 MY ROSE PERIOD IN AMERICA」(2017年)に続き、帰国後の結婚そして子供の誕生といった、新たな転換期を迎えるなかで至った意識の変化の流れを、家族写真を媒介にして顕したもの。谷口の”写真少年”シリーズ第3弾にして最終作。木村稔将による装丁デザイン。リング綴じハードカバー。限定300部。新刊。

谷口昌良(たにぐち・あきよし) 
1960年東京生まれ。中学生から写真を始め、高校卒業と同時に渡米。1979年-83年、ニューヨークにてLeo Rubinfienに師事。1984-88年、ロサンゼルスにて浄土宗開教使に就く。帰国後、長応院住職の傍ら、様々な形で文化活動を展開。


Kurenboh, YKG publishing, 2018

初版限定300部 | 日本/英語 | 28x22cm | 62pp.

 
  •   Share on Tumblr