生存 鈴木育郎
z0018 z0018 z0018 z0018

生存 鈴木育郎

Ikuro Suzuki

「鳶・CONSTREQUIEM」で若手写真家の登竜門として知られる写真新世紀2013グランプリを受賞した鈴木育郎(1985-)。鈴木が数年前から自らの作品の最終形態として、たった1部のみ手作りで制作している数々の写真集のひとつ。浜松出身の鈴木が生きる異郷の地の日々。その「生きている」という証を表現するに、フィルム1本の表現では飽き足らず、さらに巻き戻して撮影(二重露光)。さらに写真で表現できない気持ちを、鈴木は絵にまでしたためている。撮影地は大阪の西成、釜ヶ崎をはじめ、京都、奈良の各所。ニコンF2、コンタックスTVS3によるフィルム撮影デジタル出力印刷。限定1部。鈴木育郎による直筆サイン入り。2014年8月20日までの期間限定販売。販売期間終了後は、今夏8/30からの東京都写真美術館における「写真新世紀 東京展2014」にて本書が展示される予定。売れてしまった場合は、展示から除外されるとのこと。


月丘舎, 2014

限定1部 | 20x29cm | カラー

   
  •   Share on Tumblr