20 川田喜久治
a6216 a6216 a6216 a6216

20 川田喜久治

20 | Kikuji Kawada

「20」というタイトルの私の新しい写真集は、「咲き終わった月下美人」を皮切りに、2020年に始まった世紀の疫病時代の「赤と黒」の色彩を中継して、「男の影」へと続いている。
30のカットで編まれたものには、始まりの感覚もなければ終わりの嗅覚もない。リズムの強弱もなければ、色や形の韻も踏まず、イメージは混交しながら粘菌のように増殖してゆく。突然の異時同図、影のスクロール、さまざまな幻影が気ままに地を這い宙に浮いたままだ。そこに見えない都市の蜃気楼が揺れる。
20年から続くプレイグタイムのなか、イメージの進行はグロテスクな寓話に近づいたりする時もあるが、新しいストーリーを生むにはほど遠い。さまざまなノイズとともに、いつ失速するかも知れない想像の淵をさまよっているのだ。
【以上本体テキストより引用】
川田洋平による編集。町口景によるブックデザイン。限定700部ナンバー入り。日本語訳別刷付属。糸中綴じブックレット。新刊。


bookshop M, 2021

限定700部 | 英語 | 26x19cm | 写真図版30点 | 32pp.

     
  •   Share on Tumblr