愛知曼陀羅 東松照明の原風景
b2676

愛知曼陀羅 東松照明の原風景

Aichi Mandala: The Early Works of Shomei Tomatsu

東松照明という戦後最大の写真家の仕事を曼陀羅(マンダラ)とみなし、長崎(2000)、沖縄(2002)、京都(2003)、愛知(2006)、そして東京(2007)で完結となる大規模な展覧会の、愛知版図録カタログ。名古屋に生まれた東松照明が、愛知大学在学中に撮影した初期の作品から始まり、名取洋之助率いる岩波写真文庫在籍時代に制作に関わった、愛知県一色町を舞台とする「水害と日本人」、同じく愛知県瀬戸を舞台とする「やきものの町」などの作品をメインに収録。文献目録が充実。ソフトカバー。状態良好。東松照明による直筆サイン入り。


愛知県美術館, 2006

30x23cm | 写真図版数195点 | 269pp. | モノクロ

       
  •   Share on Tumblr