新宿群盗伝 66/73 渡辺克巳
b5084 b5084 b5084 b5084

新宿群盗伝 66/73 渡辺克巳

Shinjuku Guntoden 66/73 (Gangs of Kabukicho) | Katsumi Watanabe

¥ 240,000(税込)

どうしても写真の仕事がしたく、国鉄職員を辞めた渡辺克巳(わたなべ・かつみ 1941-2006)。やがて始めたのは、新宿の歓楽街を行き交う人々に写真の見本を見せて、3枚2百円で写真を撮るという「流しの商売」。当時の新宿2丁目界隈は反体制的な知識人が集い、夜毎気勢を上げる場所。その一方で、娼婦やゲイ、やくざまでもが対抗文化的輝きを放っていた。その彼らが、渡辺克巳の前で無防備に思い思いのポーズで写るその姿からは、人間のおかしさ、悲哀、彼らの生そのものがダイレクトに伝わる。
ソフトカバー。背綴じ周辺に黄ばみ。綴じはしっかりしている。


薔薇画報社, 1973

13x19cm | 写真図版数128点 | モノクロ

         
  •   Share on Tumblr